FC2ブログ

スポンサーサイト

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレキの太鼓 稽古場レポート

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

でうも!

モラル改めM☆O☆R☆A☆L(エム・オー・アール・エー・エル)です!


さてさて。

佐藤佐吉演劇祭全体のことを書くブログだったはずだったこのブログ。

いつの間にやら、稽古場レポート以外の更新が一切ない荒野となっているではないですか。


おこ

激おこ

激おこプンプン丸

筋肉ぷんぷん(なかやまきんに君)





…と言う訳で、怒ってます、僕は。

もっと自由に!
自由にあるべきなのに!
このブログは!

よーし!

福岡でジャズボーカルとして活動する、アタスの母親のホームページへのリンクを貼ってやるぜえ〜!!

http://www.inter-shuttle.com/moriyama.htm

更新が2009年で止まってるんだぜ〜ワイルドだろぉ〜??




はいはいごめんなさい。
稽古場レポートでやんすね。

行って参りました。

どどん。

佐藤佐吉演劇祭2014+、王子小劇場のトリを飾るガレキの太鼓です。

ガレキロゴ


王子小劇場、初登場の団体さんです。
それもそのはず、ガレキの太鼓は青年団リンクとして、これまでこまばアゴラ劇場を中心に公演を行って来たのです。


そんなガレキの太鼓が、満を持して王子小劇場に登場。

言わば、黒船襲来というやつです。


その黒船をひと目見ようとモラル、その稽古場に潜入して参りました。


「ど、同時多発会話っちゅうのは何じゃあ…?」
「オリザっちゅうのは、西洋人かのう…?」
「ペニ…シリン…?」

すっかり気分は「JIN−仁−」です。

仁


さてさて。

そんな僕の恐怖をよそに、黒船は「稽古見に来るくらいなら通しを見に来なよ!」とフレンドリーな提案をして来ました。

ちゅうわけで今回は、ガレキの太鼓「妹の歌」の、通しの見学レポートです。




18:45 稽古場着。

19時から通しが行われると聞き、少し余裕を持って稽古場に到着したモラル。
俳優さんたちは、通しに向けて身体を温めたりセリフを確認したり。

そして。


IMG_3469.jpg

出ました。

彼女こそがガレキの太鼓を率いる女帝・舘そらみです。

見てください。
この、演出家モード全開のオーラ。

舘そらみのオトコミシュラン(ブログ)を更新している時とは全く違う雰囲気です。


これが舘そらみのオトコミシュランだ!
↓↓↓
http://ameblo.jp/garekinotaiko/



まさに、アーティストという言葉を辞書で引いたら彼女が出てきそうな雰囲気。


悔しいので、対抗してみました。

IMG_3474.jpg




この人も。

IMG_3476.jpg



いやそんなことはどーでもいいんだ。

通しの前と言うことで、あまり話しかけちゃいけないのかな…なんて気を遣ったりもしましたが、むしろ気さくに、彼女の方から僕を俳優の皆さんに紹介してくれ、皆さんも和やかに接してくれて、と、とてもリラックスしたムードです。

そして。
19:00 通し開始。

IMG_3483.jpg

前回公演「雪が降ってるのなど見たことないが気のせいか」では、舞台は具象(厳密にはそれともちょっと違うのですが)で、ひとつの場所で物語が進んで行くのに対し、今回の「妹の歌」は、目まぐるしく場面が転換していきます。

IMG_3489.jpg

僕はこれまで、何本かガレキの太鼓の作品は拝見しているのですが、「何をしかけてくるか分からない」という魅力が、この団体にはあります。

いや、邪悪なことはしないんです。
決してしない(僕が知る限り)。

なのだけど、ハッピーを、手を変え品を変え、様々な角度からぶち込んで来る。

だから、安心して見れるハッピーさと、どう切り込んで来るか分からないドキドキが混じり合って、それが劇団の魅力になっている、と思います。


今回も、通しを拝見しながら、何回もニヤニヤしてしまいました。

何だか、自分の青春を思い出すような。
それよりもっと前に、誰かの青春を背中で見ていた頃を思い出すような。

そんな、甘くてちょっとほろ苦い作品なんじゃないかな、と思います。

個人的には「悲劇」で物語を引っ張って行かないところに、舘さんの強い強い美学を感じて、それが何とも、心強いです。



さすが、「舘そらみのオトコミシュラン」の作者なだけあります。


これが舘そらみのオトコミシュランだ!
↓↓↓
http://ameblo.jp/garekinotaiko/





モラルが、過去の投稿を朗読してみました。



はいさい。
そんなこんなアナコンダで。

ガレキの太鼓
「妹の歌」作・演出/舘そらみ
2014/7/16(水) 〜21(月・祝)
王子小劇場での上演です!!



あ、そうそう、ネタバレなので詳しくは避けますが、ラストは「おお、力技で来たか…」と思いました。

僕は、結構びっくりしました。
コレは是非、皆様の目で確かめてみてください。


それでは、ガレキの太鼓の皆様からの意気込み動画で、お別れしましょう!!







モラル改めM☆O☆R☆A☆L














スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。