FC2ブログ

スポンサーサイト

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃尻犬 稽古場レポート

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

どーも、川本です。
明日から佐藤佐吉演劇祭2014+の3週目が始まります!!

3週目
王子小劇場
・桃尻犬「愛ヲ避ケル」
pit北/区域
・宗教劇団ピャー!!
「夏といえば!に捧げる演劇儀式~愛と絶望の夢幻煉獄~」

がどちらも明日から始まります。

桃尻犬といえば、つい先日Twitterにてこんなツイートを見つけました。
スクリーンショット 2

演劇祭パンフレットの限定クーポン
桃尻犬は
出演者合同制作によるポケモン図鑑(151匹ver.)

全ての紹介文、イラスト書き下ろしだそうです。
実物を拝見しましたが、分厚い!
台本くらいの厚さがあります。
是非劇場にて手に入れて下さい!!


今回は桃尻犬の稽古場レポートです

6月上旬、桃尻犬の稽古場にお邪魔しました。
ブログを書くにあたって、桃尻犬を知らない方にも分かるようにまずは紹介を。


『桃尻犬』とは

■主宰の野田慈伸さんが2009年に旗揚げた劇団。
■僕と同い年です。(26歳)
■生まれ月も同じです。(9月)
■もちろん血液型も一緒。(A型)
■そしてブログもおんなじ所を利用しています!(アメブロ)


もう親近感しか湧きません。僕は野田さんを応援しています!

はい、野田さんと僕の個人情報&私情は置いておいて、



 ーーー桃尻犬プロフィールーーー
桃尻犬は2009年、和光大学在学中に桃尻犬を立ち上げ。
作・演出の野田慈伸による劇団。
過去2回王子小劇場にて公演。

「乳首鎹」
2012年佐藤佐吉賞 優秀脚本賞、優秀宣伝美術賞受賞
「キャンベラに哭く」
2013年佐藤佐吉賞 最優秀宣伝美術賞、優秀主演女優賞(長井短)
※佐藤佐吉賞についてはこちらを御覧ください

「現代口語で叫んだり歌ったり怒ったりするお芝居をします。(2012,3)」
「どうしても笑う事に興味があります。(2013.12)」
※どちらも桃尻犬HPより
 ーーーーーーーーーーーーーーー



都内某所、稽古場に向かう途中、場所を調べるためとりあえずコンビニに避難していると(※この日は大雨)
出演者の長井短さんに出会いました。
stage43351_1.png
(長井短さんは今回の公演のチラシモデルもしています。)

「さて向かうか!」と店を出ると目の前に長井さんが、、、!!
なんと待ってくれていました、、、。
長井さんの案内のお陰で迷わずに到着。(ありがとう長井さん!!!)

稽古場に到着すると、既に主宰の野田さんをはじめ、出演者がほぼほぼ全員揃っておりました。

稽古は台本を持って立ち稽古から始まります。
桃尻犬1
初っ端から野田さんの出演のされるシーン!
(野田さんは出演もされます)

野田さんと踊り子あり さん(はえぎわ)2人の会話シーンのようです。
野田さんは演じながらも踊り子さんに演出を付けていきます。セリフのタイミングや言い方など、具体的な演出がつけられていきます。

踊り子さんの独特の雰囲気がとても素敵。

セリフを言うたびに稽古に笑いが起こります。

桃尻犬2

別のシーンになり、こちらも2人の会話。
こちらのシーン、まず設定が面白い!
役者さんとセリフの雰囲気がピッタリでした。この役者さんが言うから面白いという場面がチラホラあり、それが心地良かったです。

「場面の熱量と、セリフが持っている熱量のズレの面白さ」

を感じさせられました。

桃尻犬3
桃尻犬4

ここでは、変更やカットがバシバシ入ります。
役者さんが音にしたセリフの微調整。
こまめにメモを取る成瀬正太郎さん・堂本佳世さん

野田「空気が重すぎる」

と言ってセリフの変更箇所を役者さんに伝えていきます。
僕は、その変更があった部分はなんの疑問もなく見ていたのですが、変更後に再度見ると格段にシーンが良くなっている!

すべて笑えるセリフに変化しました。

野田さんの的確さ恐るべし・・・

そして

桃尻犬12
野田さんが1番笑ってらっしゃる!!!



桃尻犬7

このシーンでは、糸山和則さん(アマヤドリ)が色々とセリフの言い方など変えて稽古していました。
野田さんも先程のシーン同様に、読んでいって、しっくり来ない箇所はセリフを柔軟に変更しいきます。

その最中、
野田「チンチンに電気が走ったみたいにやって」

と野田さんが言いました。これまでになかった演出!!!困惑する役者。
これが本番にどうなっているか僕自身楽しみであります。

糸山さんと長井短さんのシーンでは摩訶不思議な会話、空間が広がっていきます。

桃尻犬8
桃尻犬9

ここもセリフの微調整のみで

「なんとなく見れるシーン」から『ちゃんと成立したシーン』

へ変化する。
役者に合わせる演出で、役者さんもやりやすそうに見えました。


稽古を見ていると、野田さんだけが笑っている事が度々あります。

演出家とはこんなに笑っているものなのでしょうか。

ピリピリしたり、
空気を引き締めるために怒ってみたり、
灰皿を投げたり、

などのイメージありませんか?

ずっと稽古場見学をさせてもらっていましたが、
この日、野田さんが怒ることは一度もありませんでした。

稽古中に野田さんが笑う時、これはきっと

『野田さんの頭の中で完成形が見えている』

のだと感じました。

こういう演出家に付いて行きたくなるような、
たくましさ・オーラをビシビシ感じるわたくし川本。
明日からの本番が楽しみであります。

桃尻犬11

そしてやはり野田さんが1番楽しそうなのです!!




【桃尻犬「愛ヲ避ケル」】
明日7/9(水)~7/13(日)が公演期間となっております
詳細はこちら

と言う事で桃尻犬の稽古場レポートでした!
桃尻犬13
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。