FC2ブログ

スポンサーサイト

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団さんいらっしゃい「トリコロールケーキ」

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

「劇団さんいらっしゃい」、本日は3月21日(水)~25日(日)に、北とぴあカナリアホールで「ヤシの木」を上演する「トリコロールケーキ」より、代表の鳥原弓里江さん(以下鳥原)と、脚本・演出の今田健太郎さん(以下、今田)にお越しいただきました。
劇場スタッフ、笠浦とのトークをお楽しみください!


笠浦 劇団さんいらっしゃい、本日はトリコロールケーキのお二人に来ていただきました!よろしくお願いします。
鳥原 代表の鳥原です。よろしくお願いします。
今田 脚本と演出をやっております、今田と申します。よろしくお願いします。


ヤシの木



笠浦 トリコロールケーキさんって、すごい可愛い名前ですけど…一体どうやって決まったんですか?
鳥原 私の名前が「鳥原」なので、鳥のつく名前がいいなあと…。
笠浦 あ、そこから。
鳥原 恥ずかしいんであまり言わないようにしてるんですけど…もっとカッコイイ名前を付ければよかった。
今田 でも劇団名って、どう付けても一瞬恥ずかしい時期ってあると思うんですよね。
笠浦 (笑)違う名前だったら、こうしてたとかってありますか?
鳥原 「劇薬トリカブト」っていう候補もあったんですけど…(笑)
笠浦 代表は鳥原さんで、脚本を書いている今田さんは途中で入って来たんですよね?
鳥原 そうです。最初は私が書いたんですけど、能力的に無理だと思って。で、「これからは笑いの時代が来る!」と思って、今田さんはずっとコントばかり書いてきたんですけど、「演劇をやりませんか?」と誘ったんですけど、一向に笑いの時代が来ず。
今田 今に至るまで。
笠浦 時代が追いついてきている感じもしますけどね。今回、キャストさんもすごく豪華で。
今田 そうですね。虎の威はどんどん借りていきたいなあと。
笠浦 どういう稽古場によって、あの作品が産まれているのかが気になるんですけど…爆笑の渦なのか、殺伐とやっているのか。
今田 他の劇団さんの稽古場にあまり言ったことがないので分からないですけど…普通?
鳥原 普通ではないと思う。
今田 え、そう?
鳥原 普通は、脚本・演出の人が一人で色々決めていくことが多い気がするんですけど、ウチの場合は、「こうしたらどうですか?」「…うーん…」って、出演者の人達が待つ。辛い人たちもいるんじゃないかなって。
笠浦 出演者からアイデアをもらいつつ、みたいな?
今田 それもありますね。
笠浦 議論によって出来上がっていたんですね。
今田 いっぱいメモ帳にアイデアを書いて、「これを全部台本に入れてきますね」って言って…結果、関係ないものを書いちゃう。気が付くと。
鳥原 話し合ったことが何も反映されてないですよね。
今田 ってなっちゃうんですけど、それは、氷山理論。
笠浦 氷山の一角が作品になるのであって、ということですね。
今田 そうです、必要なんです。
笠浦 15 Minutes Madeの時の作品を観ると、議論よりは、誰かがピンときた感じがしましたけど…。
今田 あれはそうかもしれないですね…。議論はしましたけどね。
笠浦 観てない人のためにざっくり言うと、包丁を作り続ける奴隷たち、みたいな話で…。(コメントを読んで)「水島役の方がかなりよい味を出されていた」…。
鳥原 水島って、今田さんですか?
今田 あ、そうだそうだ。
笠浦 今田さんは、俳優としても舞台映えしますよね。「あれ、今田さんだっけ?」みたいなことはないですよね。
今田 確かに、似てる人がいないですからね。
笠浦 役者さんとして、得難い能力ですよね。…今回、「ヤシの木」という作品ということで…どういうお話なんですか?
今田 どうですか?
鳥原 木を巡る…木をずらす…妖怪の話です。
笠浦 (笑)伝わりますかね…。
今田 ずらし方も色々あって、稽古場ではゆっくりずらすようにしていたんですけど、劇場に入ってからは速めにずらすようにしました。
鳥原 スピードを変えましたかね。
笠浦 あの、私、不安なので、あらすじ読みますね。(チラシを出して)「探偵はわたしたちに1枚のはがきを掲げた。「これが違和感の正体です」叔父の葬儀日程を知らせる案内はがき。その右下隅には、ヤシの木のイラストがあしらわれていた。探偵が、かっと目を見開く。「オーストラリアのクリスマスカードじゃないんだから!」その途端、がっくりと叔母が崩れ落ちた。パソコン教室に通い始めたばかりの叔母。案内はがきの空きスペースを気にした叔母。ヤシの木が、はがきの中で揺れている」…伝わりますかね?(笑)
鳥原 このあらすじの中で、今回の公演に関係するものが一切出てきてないっていう。
笠浦 ちょっと待ってください(笑)ゼロですか。
今田 いつもは、100のうち2,3は関係あるんですけど…今回は、ゼロですね。
笠浦 ゼロですか!ヤシの木は出てきますよね?
今田 ヤシの木は巡りますね、一応。
笠浦 舞台美術がすごいです、ということを、果たして私がどれくらい言っていいのか…。おしゃれです。センスを感じます。
鳥原 嬉しいです。
今田 ただ、会場(北とぴあ・カナリアホール)が元々持っている力もあって。
笠浦 シャンデリアのある、素敵スペースです。どうですか?
鳥原 私は、すごく好きですね。
今田 僕もです。シャンデリアの形が、ちょっとヤシの木みたいになっているんですよね。
笠浦 じゃあもう、劇場が作品に合わせにきた、みたいな(笑)
今田 前までは違ったんじゃないですかね。
笠浦 違いますね(笑)もうちょっと、作品を皆さんに想像させたいんですけど…。今回、平日は、20時開演なんですよね。
鳥原 今回、上演時間は79分というアナウンスをしているんですけど…。
笠浦 79分!(笑)
鳥原 でも、今日通しをやって、69分でした。
笠浦 すげえ違う!(笑)
鳥原 なので、20時開演でも、21時過ぎには終演します。
笠浦 なぜ、79分とアナウンスしたんですか(笑)
今田 何でしょうね…台本1枚〇〇分、という想定では75分くらいなんですけど、蓋開けてみたら69分で…怖いですね、この調子だと。
笠浦 どんどん縮んで、最後にはなくなるんじゃないかと(笑)
鳥原 10分も短いんですもんね。
今田 まあ、分からないですけどね。本番入ったら…ナマモノというか。
笠浦 笑い待ちとかもありますもんね。
鳥原 何か、アピールポイントとかありますかねえ。
今田 何ですかねえ…うーん…。靴、ですかねえ。
笠浦 靴!?
鳥原 ああ、靴。
笠浦 納得できるんですか。
今田 靴観て欲しいですね。靴の…裏。靴の裏の色。
笠浦 靴の裏の色…開演して数分で見どころ終わりますけど大丈夫ですか(笑)あの…私、トリコロールケーキさんって、誰をターゲットにしているのか気になってて。その辺って考えてたりします?
今田 一応、かつては…裕福な女性。
笠浦 (笑)
今田 成功したかどうかは別として…。
笠浦 私は裕福な女性ではないですが、観るのを楽しみにしています。
今田 (コメントを読んで)「髪色が綺麗」…。
笠浦 私(の金髪)ですかね…。私も劇団やってるんですけど、自分の芝居で俳優に金髪に染めてもらう前に、一回自分で試して後に引けなくなって…ってかんじですね。
二人 へー。
笠浦 トリコロールケーキさんって、役者さんに髪染めさせたりします?
鳥原 しますね。
今田 え、本当に?
笠浦 本当に?って言ってますが(笑)
鳥原 髪色、結構気にしますよね?「今回、あんまり染めてないなー」とか、稽古場で言ったりしますよね。
今田 染めて欲しくはありますね。あとは、185センチの俳優さんに出てもらったときは、170くらいにしてくれ、って言いましたね。
笠浦 …なるほど。
今田 …やめましょうか、この話(笑)
(話が、笠浦の担当する「青空パフォーマンス」になる)
笠浦 トリコロールケーキさん、外とかどうですか?
今田 僕、テニスコートというコントユニットに出たりしてるんですけど、そこで外でコントやったことがあって…風ですべてが流れていくという…。
笠浦 (笑)
今田 ただまあ、やってみたいですけどね。
笠浦 カナリアホールもそうですけど、普段とちょっと違う場所で公演をやるのっていいですよね。
今田 あんなに高いところで本番をやることも初めてですね。
笠浦 景色がいいですよね。
鳥原 そうですよね、スカイツリーが見えますよね。夜景もすごい綺麗で…下見の時に。
今田 今日は、真っ先にその窓を潰すことから…。
笠浦 (笑)光が入らないように。カナリアホールは14階なので、観に来る方も、「こんなに高いの?」って思うと思います。場所を含めて楽しんでいただければ…。
鳥原 他に何か、アピールしといた方がいいことありますかね。
今田 …最終的に空席になった席には、お地蔵さんを置こうと思います。…バカにならないんですけどね、お金の方も。
鳥原 そうですね。
今田 14階まで、お地蔵さん上げられるかなって。重いし、エレベーターで運んでいいのかなとか。
笠浦 あの、ちょっといいですか。本気で言ってるんですか(笑)嘘なら嘘と言って欲しい。そういうわけで、いよいよ開幕するトリコロールケーキさんなんですが、どの回がおすすめとかありますか?
鳥原 いつも、土曜の夜の回が、なかなかおすすめですね。で、土曜の昼が埋まりがち。ゆったり観たい方は、土曜の夜がいいかなと。
今田 大体、作品が熟成されてくるのが週末なんですけど。
笠浦 そんなこと言っていいんですかね(笑)
今田 それと、その…供給のバランスが合わない(笑)
笠浦 トリコロールケーキさんって、お客さんのリアクションで変えたりとか、あるんですか?
今田 何か、結構僕ら誤解があるみたいで。「売れようと思ってないでしょ」とか言われるんですけど…鳥原さんっていう人は、名誉欲の塊みたいな人なんですよ。
二人 (笑)
今田 だから、どうでもいいとは思ってないです。お客さんに伝わってないなと思ったら修正します。
笠浦 なるほど、そうなんですね。
鳥原 今回、比較的分かりやすく、外に向けて作ったつもりではありますので…普段よりかは。
笠浦 そろそろお時間ですので、最後に何かありましたら。
鳥原 トリコロールケーキ、10回目の記念の公演になっていますので、是非是非、観に来てください、よろしくお願いいたします。
笠浦 それでは、本日はトリコロールケーキのお二人に来ていただきました!ありがとうございました!
二人 ありがとうございましたー!
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。