FC2ブログ

スポンサーサイト

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇組織KIMYO「ゴスン」観てきました!

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

こんにちは!インターンの谷川です。お前は毎日毎日こんなブログを書いて、暇なんかという声が聞こえますねー。

そうなんです暇なんです!

でもですね!おかげさまで!
62976.jpg

ブログランキング演劇部門で、現在第7位です!!!
これからもガシガシ更新して、演劇祭終了までに1位を目指します!

さてさて、先日私は演劇組織KIMYO「ゴスン」の公演にお邪魔してきましたよ。さっそく感想を書いていこうと思います。

KIMYOは、名古屋を中心として活動している劇団です。エンターテイメント性の高い舞台を上演していて、徹底的にお客さんを楽しませてくれます。

もう客入れからすごくいい雰囲気なんです。衣装を着けた役者さんがテンションアゲアゲで迎え入れてくれて、床の装飾や照明も相まってすでにKIMYOワールド全開。ワクワクしながら開演を待ちます。

「ゴスン」は、生涯で6度もの脱獄に成功した明治の大悪党、五寸釘寅吉の半生を描いたお話です。
62982.jpg

なので役者さんはみんな和服を着ていました。いいなー素敵な衣装だなーって、思ってたんです。そう思ってたんですけど、思ってたんですけど、、、なんと冒頭で、、、、、、

これ以上は言えませんっっっっ////

ぜひ劇場で目撃してください。

こんなふざけた感じで感想文始めちゃいましたけど、「ゴスン」はとにかくカッコ良くて、勢いがあって、ものすごく楽しめるけど物語もしっかりしてる、そんな舞台でした。特に主演女優さんのお芝居は必見です。

そうです。主演”女優”です。何度も脱獄を繰り返したパワフルな五寸釘寅吉を演じるのは、KIMYOの劇団員の元山未奈美さん。でも、ただの思い付き演出ではぜんぜんなくて、上演を観た後はこの寅吉以外考えられなくなります。

もちろん周りの役者さんたちも、動きやお芝居がとても洗練されていて、KIMYOという劇団の力をすごく感じました。殺陣が本当にかっこいいです。他にもクセになる音楽や演出、何色もの照明で、王子スタジオという空間は完全にKIMYOワールドに埋めつくされていました。

「ゴスン」は何回も観るのがオススメの舞台ですよ!私も今日と昨日とで2回観たんですけど、客席によって見え方がぜんぜん違って楽しめるし、日替わりゲストとしてあるシーンに毎回違う役者さんが登場するんです。日替わりゲストのシーンはですね、楽しいですよ。ふふふ。日替わりゲストは団体のツイッターをチェックしてみてください。


というわけで、演劇組織KIMYO「ゴスン」後半日程はまだまだお席の余裕があるようです。とはいえ、スタジオでの公演なので客席数自体は少なめです。お早めの予約をオススメします!
公演詳細・ご予約はこちらから。
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。