FC2ブログ

スポンサーサイト

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼の居ぬ間に「人魚〜死せる花嫁〜」観てきました!

佐藤佐吉大演劇祭スタッフ

こんにちは!インターンの谷川です。演劇祭が無事に開幕し、参加作品やステーション・ラウンジなどの関連企画も盛り上がりを見せてますよ〜 SNSで色々な情報を発信していくのでブログ、ツイッター、インスタなどもやっておりますのでぜひチェックしてみてください☆

昨日、鬼の居ぬ間に「人魚〜死せる花嫁〜」の初日を観させていただいたので、感想を書こうと思います!
62758.jpg

大正初期、日本のどこかにある貧しい小さな漁村。閉鎖的な村で人魚伝説と村の慣習に振り回される人々と、激しい愛のお話です。

タイトルだけ聞くと、「人魚が出てくるダークファンタジーかな」とか思っちゃいますよね?
ぜんぜん違うんです。

描かれているのは、徹底して”人間”です。人間の奥底にドロドロと渦巻いてる部分です。

ひたすらに、絶望、絶望、絶望。
慰めも解決策も許されていなくて、登場人物全員が必死にもがいているのに、そのドロドロとした部分にどんどん絡め取られていくような、そんな感じです。誰がいい人で誰が悪い人、というのもぜんぜんなくて、登場人物全員を最低だと思う瞬間がありました。

舞台全体からものすごい負のエネルギーと圧力を感じました。それを生みだしているのは脚本・演出、スタッフワーク、役者陣の芝居の圧倒的な完成度だと思います。特に、あの異質な感じの、多分水をモチーフにした舞台美術がとても印象的です。役者さんのお芝居にも凄まじいパワーがあります。

あと、お芝居の終わらせ方がすごく好きです。ラストシーンではなく、終わらせ方です。(ラストシーンも大好きです)ぜひ、ぜひ、劇場でこの物語を体験してほしいです…!



というわけで、鬼の居ぬ間に「人魚〜死せる花嫁〜」26日までの上演です。25の昼の回はすでに完売しているようです💦ご予約はお早めに!公演詳細はこちら

また、今週の演劇祭もおもしろい演目がたくさんです!この記事にまとめられているのでぜひチェックしてください!
http://sakichisai.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

はしご観劇もおすすめです!
62759.jpg
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。